料理術の最近のブログ記事

キーマカレー

キーマカレー。

岩のりらーめん

岩のりらーめん。

ゆず蒸しパン

妻の得意な蒸しパン。

蒸しパン

これらは柚子茶を使って作ったんですが、時々代わりにきな粉、またはバナナを使うこともある。

ガンボのつづき

ご飯にかけた。

ご飯にガンボをかけたもの。

しめはうどんつけ麺。

ガンボつけ麺。

ガンボ

ガンボ
タルト生地、ヘビークリーム、砂糖、塩、チョコレートとバターの準備完了。

ジェイミー・オリバーのシンプルチョコレートタルトにもう一度挑戦してみた結果、前よりもっと上手にできた。最初にこのレシピを試してみた時は、全部の工程でめちゃくちゃ散らかしてしまった。今回はもう少し愛を込めて下準備をしたためか、災難はさけることができた。また、家の食料庫に1パウンドの古いトリュフチョコレートがあったので、今回は『上質のビタースイートチョコレート』の代わりにそれを使用した。以下、今回の調理法です。

ヘビークリームに溶融チョコレートを入れたもの、または「ガナッシュ」。

ヘビークリーム1と1/3カップ、砂糖小さじ2杯、塩ひとつまみを鍋に入れ沸騰するまで火にかける。沸騰しだすとクリームが泡立ち、その辺一帯に溢れて収拾つかなくなるので、沸騰するのを待っている間は注意が必要だ(前回から学んだこと)。クリームが沸騰したらすぐ火から離し、室温のバター1/2カップとチョコレート1パウンドを鍋に加える。全部が完全に溶けるまでまぜる。チョコレートが溶けきらない場合は、鍋を再び弱火にかけて溶かすといい。

ここでオリバーのレシピでは、この鍋にかけたチョコレートの液体を少し冷まし、冷たい牛乳1/2カップを注ぎ『スムーズで光沢がでるまで』まぜるよう書いてある。今回チョコレートの代わりにトリュフチョコレートを使用したし、ガナッシュもとてもよく出来上がったように思えたので、この工程は飛ばした。

水平な台の上で冷ます。

すでに調理済みで冷えたタルト生地に暖かいガナッシュを注ぐ。このレシピでは11×1.125インチ(27.9×2.9 cm)のオーブン用天板を丁度ぴったり満たすようになっている。もしガナッシュが余ってしまったなら、ボウルに注ぎ、冷蔵庫に入れてしまおう。バター並みに固くなり、スプーンでそのまま食べることもできる。

最初作った時、タルト生地を皿の上に置いてしまった。普通ほとんどの皿は真っ平らではなく、真ん中がくぼんだ形になっている。もし真ん中がくぼんだ形の皿に置いてしまったら、1パウンド以上のチョコレートをタルト生地に注いだ後、出来上がったタルト自体がその形になってしまう(前回から学んだことの2つ目)。今回、私はタルトを真っ平らなクッキーシートの上に置いた。

シンプルチョコレートタルトとカフェオレ。

タルトを1〜2時間冷やし、最後に無糖ココアパウダーをふりかけて出来上がり。そのままでも食べれるけど、少し柔らかすぎるので、私は冷蔵庫で冷やしてからの方が好きだ。

キムチスープと餃子

辛かったです。

ただのクッキングブロッグではない!本当に!

午後10時まで仕事から戻らなかったから、夕食は簡素でした。昨日の煮込んだスープの残りに1/2瓶のキムチを入れて、と冷凍庫から餃子。

炒める。出す。楽〜。

豚肉の味ぽん煮とマスタード

ポーク+味ぽん

自分で気を付けなかったら、このブログはただのクッキングブログになってしまいかねない。

今日の夕食に、1パウンドの豚ロース肉を刻んだネギと一緒に、6カップの水と1/2カップの味ぽんで煮込んだ。30分後、豚肉を鍋から取り出しスライスして浅い皿に並べ、煮込んだスープを注いだ。

薬味に、ホームメードのマスタードを手早く作った。大さじ2杯のマスタードシード、小さじ1/2杯のターメリックとパプリカ、ガーリックパウダー、コーシャーソルトそれぞれ少々を全てミキサー入れ、粗い粉末状になるまでにかけた。そして、1/4カップの水と1/4カップの酢を混ぜたものをレンジで1分温めた。ミキサーの取扱説明書に沸騰した液体は使ってはいけないと書かれていたので、5分間冷ましてから前述の粉末に加え、さらにミキサーにかけた。

ポークはまあまあの出来だったが、あえていうとごく普通だった。煮込んだスープは軽い柑橘系と豚の風味でかなり良く、マスタードは色調は強いがバランスがとれていて、称賛に値するくらい素晴らしかった。次もし作るなら、今度はスロークッカーで作ってみて、ポークの食感が良くなるかどうか試してみようと思う。

チキンコンフィ

コンフィ!

今日の夕飯はシンプルなチキンコンフィだった。

鶏の脚肉(ドラムスティック)5本、四つ切りにしたタマネギ(1個)、ニンニク6片、塩・こしょう・ローズマリー各少々をキャセロール鍋に入れた。で、オリーブオイルを鍋に注いで浸し、蓋をしたまま250℉(約121℃)のオーブンで約2時間半調理した。柔らかく丁度良い感じに仕上がったけど、もう少し味付けを加えてもよかったかな〜。

サイドディッシュは、グリーンオリーブ・アーティチョークのつぼみのマリネ・ベーコンのみじん切りをサワークリームと混ぜ黒こしょうをふったドレッシングを添えたサラダ。

残りは明日のランチになるので、そんなに悪くない出来で結果オーライだ。

シンプルチョコレートタルト

シンプルなチョコレートタルト

同僚がJamie Oliverの料理本『シンプルクッキング』を貸してくれて、その中で特に「シンプルチョコレートタルト」のレシピを試してみるよう勧められた。試してみたところ本当に簡単だった。作っている途中使用した全ての材料でかなり散らかしてしまったが、ちょっとの努力だけで確実にそれ以上の価値があるものに仕上がった。

もしあなたも試してみたいと思ったら、その時は次のことを忘れないようにしてください:絶対に一度に一人で食べることはできないので、1.25パウンド(約567g)のバターを使うことに対して怖がらないで。


ティモ太郎バージョンのレシピを試してみてね。

言語

JP / EN

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30