豚肉の味ぽん煮とマスタード

ポーク+味ぽん

自分で気を付けなかったら、このブログはただのクッキングブログになってしまいかねない。

今日の夕食に、1パウンドの豚ロース肉を刻んだネギと一緒に、6カップの水と1/2カップの味ぽんで煮込んだ。30分後、豚肉を鍋から取り出しスライスして浅い皿に並べ、煮込んだスープを注いだ。

薬味に、ホームメードのマスタードを手早く作った。大さじ2杯のマスタードシード、小さじ1/2杯のターメリックとパプリカ、ガーリックパウダー、コーシャーソルトそれぞれ少々を全てミキサー入れ、粗い粉末状になるまでにかけた。そして、1/4カップの水と1/4カップの酢を混ぜたものをレンジで1分温めた。ミキサーの取扱説明書に沸騰した液体は使ってはいけないと書かれていたので、5分間冷ましてから前述の粉末に加え、さらにミキサーにかけた。

ポークはまあまあの出来だったが、あえていうとごく普通だった。煮込んだスープは軽い柑橘系と豚の風味でかなり良く、マスタードは色調は強いがバランスがとれていて、称賛に値するくらい素晴らしかった。次もし作るなら、今度はスロークッカーで作ってみて、ポークの食感が良くなるかどうか試してみようと思う。

« 次の 「キムチスープと餃子」
前の 「チキンコンフィ」 »

言語

JP / EN

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30