Mac OS X Snow Leopard

2009年8月28日に、Apple Inc.は「Snow Leopard」というマッキントッシュオペレーティングシステムのバージョン10.6を発売した。改良された中身の性能は大々的に宣伝され、例として以下のような特徴が推されていた:

  • インストールが最大50パーセント速くなった
  • 必要なハードドライブ容量が約7GB少なくなった
  • システムアプリケーションが64ビットコードで書き換えられた
  • マルチコアの活用法がより良くなった

しかし、以下のような『ワクワクするような素晴らしい特徴』は取り上げられていない:

  • インストール中MacBook Proのディスクイメージがアンマウントされたと指摘してくる
  • ディスクイメージがアンマウントされた後、強制的にバージョン10.5を再インストールを実行させられる
  • ディスクイメージがアンマウントされた後、強制的に再インストール実行させられる前に、システムが4月からバックアップを実行していなかったという重要なことを知らせない

はぁ...

« 次の 「言語選択」
前の 「アスパラガスリゾット」 »

言語

JP / EN

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30